以前妊娠した時は、流産と言う形で赤ん坊を失ってしまいました

以前妊娠した時は、流産と言う形で赤ん坊(最近では、赤ん坊ができたのをきっかけに結婚することを「できちゃった婚」ではなく、「授かり婚」と表現することも多いようです)を失ってしまいました。
私の場合は、流産から1年くらい経ってようやく、また、妊娠にむけて前向きな気もちをもてるようになり、懐妊にむけて、準備をはじめるようになりました。

今度の妊活では体づくりにも注意しました。

以前から冷え症に悩まされていた私は、運動で体の調子を整えることにしました。大変な時もありましたが、新陳代謝が上がったために、基礎体温(体の温度のことですね)が高くなったので、冷え性が改善したんです。

懐妊を計画している、妊活中の方にとって、体調管理をするのに適したサプリと言ったら、葉酸入りのものにすれば、エラーはありません。妊活中に不足しやすい葉酸には、貧血を防ぎ、正常な細胞分裂を促すことで、赤ちゃん(最近では、赤ちゃんができたのをきっかけに結婚することを「できちゃった婚」ではなく、「授かり婚」と表現することも多いようです)が先天的な異常を発症するリスクを下げることが出来ます。

それと、あまり知られていませんが、男性の精子の染色体異常を軽減してくれる効果があります。ですから、夫婦ともに多くの効果が見込めるサプリだという事です。
葉酸の摂取期間についてお話しします。皆さんご存知のように、葉酸の摂取は懐妊前から懐妊3か月まで期間において必須です。では、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が要らないのかと言うと、決してそうではないんでしょう。赤ちゃん(最近では、赤ちゃんができたのをきっかけに結婚することを「できちゃった婚」ではなく、「授かり婚」と表現することも多いようです)の先天性異常の発症リスクを抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、懐妊開始が重要な期間だという事です。
ですから、懐妊期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。真剣に妊活しているのなら、よく飲む飲み物にも気を遣わねばなりません。成分にカフェインを含む飲み物は受精卵が着床しにくくなったり体の冷えの原因にもなるので避けた方がよいです。体を温めてくれるような効果をもつお茶のうちノンカフェインのものが最適です。具体的には、ミネラル分をたくさん含むルイボスティーや、漢方薬(中国の伝統的な医学の一種ですが、日本独自の処方などもあります)でもあるたんぽぽ茶などは適しているでしょう。とり訳妊婦の場合、胎児の順調な発育のため栄養素の中でも特に重要なのが「葉酸」です。

その名「葉」の通り、野菜の中でも葉物野菜に多くふくまれているのかと思い込んでしまいますが意外な供給源は果物で、100gのイチゴを食べると、90μgも葉酸を摂れるのです。

普段の倍くらいの葉酸を、妊娠中は毎日摂取しなければならないので葉酸が豊富な食材について調べ、効率よく摂取することが大切なのです。
妊婦には葉酸と聞いて、積極的に摂ろうとしている方も多いのではないでしょうか。
まず知っておいてほしいのは、どんな食材から葉酸がたくさん摂れるのか、でしょう。

その名前からしても、葉酸は葉物野菜に多くふくまれているものです。

それから、マンゴーからも葉酸が多く摂れるので、私の懐妊がわかったのは、マンゴーの旬である夏だったのでお医者さんのすすめもあって、よく食べていました。

マンゴーは食物繊維もたくさん含んでいるので、便秘にも効果があるそうです。水溶性で熱に弱いというのが葉酸の特長であり、ご飯だけで所要量を確保しようと思うと大変ですから、サプリなどを上手く取り入れるべきでしょう。市販の葉酸サプリメントを選ぶなら、加熱処理で葉酸が減っていない製品を見つけることが必要だと言えます。

摂ったものがご自身の身体を作る訳ですから、原料が天然のものに由来していることや、不要な添加物が配合されていないことなどと、安全性にも配慮して選べれば理想的です。

妊活中に黒豆茶を飲むことについてですが、実際、合理的な選択だと言えます。その理由としては、黒豆茶はカフェインを含有していないため、妊活中の女性には嬉しい飲み物であることはエラーありませんし、イソフラボン(胸を大きくする成分といえば、これというイメージが強いですね)という黒豆の成分が妊婦に不可欠な女性ホルモンと似通った成分だからです。
ご存知のように、イソフラボン(胸を大きくする成分といえば、これというイメージが強いですね)は十分に摂取することで体のバランスを整えてくれますから、ぜひ、毎日黒豆茶をホットで飲むことで、さらなる効果が期待できますね。ほんの少しでも早い時期に赤ちゃん(最近では、赤ん坊ができたのをきっかけに結婚することを「できちゃった婚」ではなく、「授かり婚」と表現することも多いようです)をもちたくて妊活をするのなら栄養に留意することはとても大切です。
太ってしまってはだめですが、美容のためのダイエットはいったん中止して、きちんと栄養を摂るようにしましょう。

お菓子を食べることも栄養補給の一環と考えて食べ過ぎに気を付ければ、ストレスから解放されるためにも有用であると言えるのです。

早くお母さんになりたかった私は、その手の本やホームページを調べ立ところ、栄養補助食品などで、葉酸を妊娠する前から摂っていくことがおこちゃまが健康に育ち、母体の健康を保つのにも良いと、同じことが書かれていたため、妊娠し立ときあわてないように、毎日栄養補助食品を飲みました。
これはいつまで飲んだら良いのか気になって確かめてみましたが、一度にたくさん摂らなければ赤ちゃん(最近では、赤ちゃんができたのをきっかけに結婚することを「できちゃった婚」ではなく、「授かり婚」と表現することも多いようです)の発育にも母体にも、葉酸はずっと必要だと書いてあったので、葉酸サプリを妊娠初期に飲んでないママにおすすめの商品を出産まで飲もうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です